MOS試験対策

みらいかいかではMicrosoftが主催するのMOS試験対策を受講できます。
MOS試験はMicrosoftが開発したOfficeの理解度を確認する試験で、Microsoft公認という事もあり企業からの信頼も厚い試験です。
就職や転職の面接時に「私はExcelができます」と伝えてもどれくらいの力量なのか面接官も把握できないでしょう。
しかしMOS試験を合格した旨を伝える事ができればその力量は面接官に伝わるでしょう。
初めての方もExcelやWordの基礎から学習し、「MOS」試験の合格を目指しましょう。
就職や転職の際に大きなアドバンテージになるかと思われます。

Excel2019 MOS試験対策
学習時間の目安 約20時間
Word2019 MOS試験対策
学習時間の目安 約20時間

ジュニアプログラミング検定試験

Scratchを活用した
プログラミングスキルを
測定した・認定する検定試験

活用したプログラミングスキルを測定し、その能力を証明・認定します。

子どもたちのプログラミング教育の指標となる到達目標を定め、段階的なプログラミングスキルの習得を支援するために創設された検定試験です。

「指定された課題をつくれるか?」
「つくった課題を自分なりにアレンジして

説明できるか?を評価

級ごとに定められたブロックの動きや特徴を理解したうえで、課題のプログラムをつくれるか。

また、つくった課題を自分なりにアレンジしてその内容を言葉で説明できるかが評価されます。

レベルはGold(1級)、
Silver(2級)、Bronze(3級)、
Entry(4級)の4種類

試験は4つの級種をご用意しており、学習の進捗度に合わせて段階的にチャレンジできます。

受験できる4つのレベルについて

入門:Entryレベル★

学習目安は12時間でジュニアプログラミング検定試験のEntryレベルの合格に必要なブロックの基本を学習します。

入門レベルの特定の条件や筋道を用いた論理的思考ができる、また、条件分岐や繰り返しなどのスクリプトを使って、1つまたは2つのスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができることが目的となります。

初級:Bronzeレベル★

学習目安は12時間でジュニアプログラミング検定試験のBronzeレベルの合格に必要なブロックの基本を学習します。

単純な条件や筋道を用いた論理的しこうができる、また、条件分岐や繰り返しなどのスクリプトを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができることが目的となります。

中級:Silverレベル★

学習目安は12時間でジュニアプログラミング検定試験のSilverレベルの合格に必要なブロックの基本を学習します。

基本的な条件や筋道を用いた論理的な思考ができる。また、複数の条件分岐や入れ子構造のスクリプトなどを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができることが目的となります。
また、仕様変更の概念も含まれてきます。

上級:Goldレベル★

学習目安は12時間でジュニアプログラミング検定試験のGoldレベルの合格に必要なブロックの基本を学習します。

複数の条件や筋道を組み合わせた論理的思考ができる。また、複数の条件分岐や演算、入れ子構造のスクリプトを使って、様々なスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができることが目的となります。
また、仕様変更の概念も含まれます。